バッサ 成分

MENU

バッサはどんな成分が使用されている?

バッサの成分

バッサ(WASSER)にはどんな成分が含まれているのでしょうか?副作用がないか心配ですよね。バッサ(WASSER)の美容成分とその副作用についてお調べしました。バッサ(WASSER)をこれから試そうと思っている方は成分とその副作用についてご参考にしてください。

 

バッサのこだわりの成分

バッサ(WASSER)はこだわった成分が含まれている美容液です。

 

バッサ(WASSER)に含まれている成分をご紹介しましょう。

 

高濃度水素イオン水ジェルを使用していて、洗顔後に乱れがちなお肌のバランスを整えてくれます。

 

バッサ(WASSER)に含まれている成分は全て食品由来の天然成分でできていますので、安心して使用できる美容液です。化粧品にありがちな、合成界面活性剤、オイル、防腐剤、合成ポリマー、着色料、香料なども使っていませんので、お肌に優しい成分だけでできています。

 

バッサ(WASSER)はどんなお肌の悩みを抱えている人でも安心して使用することができる美容液です。国産の商品なので安心して使い続けることができます。

 

夜、就寝前に洗顔をすると、肌の表面はph値がアルカリ性の状態に傾いて、石鹸や洗顔料など洗浄力が強いアルカリ性の成分でできています。

 

高濃度水素イオン水は、洗顔後のアルカリ性の状態に傾いた肌を速やかに弱酸性の状態に戻してくれます。雑菌はph値が6から8の状態に停滞すると一番繁殖しやすいです。

 

このように、バッサ(WASSER)美容液の配合成分、高濃度水素イオン水は肌本来のはたらきを促す美肌力を取り戻してくれます。

 

ヒドロキシプロピルセルロースが含まれています。天然の植物性繊維を原料に作られる成分であり、食品や医薬品にも使用されているので、安心できる成分です。お肌をしっとりと柔らかく保ってくれる効果があります。お肌が柔らかくなると、美容成分がより浸透しやすくなります。

 

ヒアルロン酸Naは保湿成分であり、保水力に優れています。うるおいをキープするだけでなくて、ぷりぷりの弾力もキープしてくれます。

 

ヒアルロン酸の生成量というのは、年齢を重ねるとともに減少します。スキンケアでしっかりと補いましょう。

 

ソルビトールは天然の甘味料です。化粧品に含まれているのは不思議な感じがしますが、ソルビトールにはヒアルロン酸と同じように水分をたっぷりと保持する力がありますので、乾燥しがちなお肌をしっとりと保湿してくれます。

 

クエン酸は疲労回復効果で有名です。頑固に固まってしまった角質を柔らかくしてくれる効果があり、低刺激なピーリングになります。しゅうれん作用もあるので、毛穴を引き締めてくれる効果も期待できます。毛穴の開きや黒ずみを解消してくれます。

バッサの副作用はある?

バッサ(WASSER)はナチュラルな成分と無添加の成分で作られていますが、全ての人に合うわけではありません。お肌に合わない場合は、ニキビができたり、肌が赤くなったりと症状がでてしまう場合もあります。

 

このような症状がでた場合には一旦使用するのを中止して、お肌の様子をみるようにしましょう。

 

>>バッサ(WASSER)の最安値はコチラ