バッサ 使い方

MENU

バッサの効果的な使い方を実践しよう!

バッサの使い方

バッサ(WASSER)をこれから試そうと思っている方は使い方が分からないという方も多いですよね。バッサ(WASSER)の使い方についてお調べしました。どうせバッサ(WASSER)を使うのなら効果的な使い方で使いたいですよね。効果的な使い方もご紹介しましょう。

 

バッサの使い方は?

バッサ(WASSER)は正しく使うととても効果が期待できる美容液として話題になっています。バッサ(WASSER)の正しい使い方についてご紹介しましょう。

 

バッサ(WASSER)の通常の使い方は、まず、きれいに手を洗います。そして、美容液を手の平にとりましょう。1回に使用する量は500円玉1枚分が目安です。

 

次に美容液をのせるようにして、顔全体に行き渡らせましょう。気になる部分には重ねづけをしましょう。乾燥が気になる季節は特に500円玉1枚分を顔全体に重ねて塗るようにしましょう。

 

このような使い方で毎日お手入れしましょう。

バッサの効果的な使い方は?

バッサ(WASSER)の効果的な特別な使い方をご紹介しましょう。毎日のお手入れの他にも週1回のお手入れもおすすめです。

 

バッサ(WASSER)にはヒドロキシプルセルロースが配合されていて、ピーリング効果があります。手の平に500円玉1枚分の美容液をとって、顔全体にのばしましょう。

 

1分から2分間放置したあとに、顔の中心から外側に向かってらせん状に優しくマッサージをしましょう。

 

古い角質を絡めとった成分がぽろぽろと浮いてきます。水またはぬるま湯で顔全体を洗い流しましょう。

 

最後に500円玉1枚分を手にとって顔全体につけましょう。

バッサを使用する際の注意点

バッサ(WASSER)を使用する際の注意点をご紹介しましょう。

 

バッサ(WASSER)を使用するのならば効果を実感したいですよね。間違った方法でバッサ(WASSER)を使うと、せっかくの美容液の効果が台無しになってしまいます。

 

バッサ(WASSER)を使用する前には肌を清潔にしましょう。バッサ(WASSER)は夜、化粧品を落とした洗顔の後に使用するのが基本なので、清潔な肌にバッサ(WASSER)を使用すると、浸透力がアップします。

 

洗顔後は、きれいなタオルで顔の水分を拭き取ってからバッサ(WASSER)を使用するようにしましょう。特に乾燥している部分には重ね付けしましょう。

 

手の平の上でバッサ(WASSER)を少し温めてから使用しましょう。顔全体を手で覆うようにしてバッサ(WASSER)を浸透させましょう。美容液を塗るのではなく、肌に乗せるように使用しましょう。摩擦によって肌にダメージを与えるのを防止するためです。

 

週に1回でもいいので、1分から2分程度置いた後にマッサージをすると効果倍増です。

 

肌のターンオーバーは個人差がありますので、28日から56日程度で新しい肌に生まれかわります。肌に浸透させるために毎日継続して使用しましょう。

 

肌の調子によってバッサ(WASSER)を使ったあとにプライムエッセンスを併せて使いましょう。お肌は一人一人違います。肌の調子によって他のものを重ねつけることもおすすめします。

 

バッサ(WASSER)のみでも十分に効果は期待できるのですが、他のものと併用することもおすすめです。季節やお肌の調子によって合わせることも美肌作りには欠かせないことです。

 

>>バッサ(WASSER)の最安値はコチラ